浜中町の新規就農システム New Farming System

町をあげての協力体制
酪農王国・浜中町を維持・発展させる為に

町では農協や町を中心として、関係機関・団体が協力して、新規就農を希望する方々を総合的にバックアップする支援システムが作られています。

浜中町の新規就農へのバックアップ支援環境

給与を支給。
経済的不安を無くし、研修期間をサポートします

浜中町に限らず、酪農は近代化・規模拡大が進む中、一方で農家戸数は減少しています。その一因として、経営者の高齢化や後継者不足が挙げられます。
今後もある程度は離農を予測せざるを得ない状況にあり、新規就農の為の人材確保と育成は、緊急の課題として受け止められています。
そんな状況の中、浜中町では農協や町を中心として、関係機関・団体が協力して、新規就農を希望する方々を総合的にバックアップする支援システムが作られています。

研修制度

従業員として雇用し給与も出ますが、あくまで「新規就農を目指す研修生として研修に集中していただく為に生活の心配がないように支援をしているとお考え下さい。

研修時待遇
雇用 (有)浜中町就農者研修牧場 従業員 (夫婦の場合、妻は扶養・パート職員として扱います)
給与 夫婦で月額25万円(年額300万円)支給
単身者で月額15万円(年額180万円)支給
住宅 研修生用住宅完備(家賃無料)
福利厚生 健康保険・雇用保険・労災保険・厚生年金加入

新規就農への経済的支援

農場リース事業について

現在、酪農への新規就農の仕方として一番利用されている方法です。北海道農業開発公社が、離農した酪農家から施設や農地をまとめて買い取り、新規就農希望者に一定期間貸付け(通常5年以内)、つまり「リース」した後、就農希望者が全て買い取る方法です。 大きな初期投資を必要とする酪農において、営農開始当初の不安定な時期にいきなり多額の借入を必要とせず、リース期間中に経営を安定させ自己資金を蓄えた後に、借り入れを行い牧場を買い取ることが出来ます。
また、公社へ支払うリース料は、牧場買い取りの「前払い」の扱いとなります。牧場の規模や施設・農地の状態で買い取り価格・リース料は変わってきますが、浜中町での新規就農の場合はおおむね4~5千万円位が買取時の金額になっています。

ここで、大きなポイントが「浜中町の酪農支援」である「リース料の半額助成」です。公社等へは年額400~600万円のリース料を支払いますが、その半額を町が助成し、自己負担を軽減出来ます。つまり、5年間で「1千万円前後の収入が増える」ことと同じです。営農開始直後の5年間は牛や農地に慣れるまで不安定な経営となりやすく、この助成制度は非常に大きな助けになっています。

(H22.4追記)
平成22年度より、農場リース事業の見直しが行われ事業内容が一部変更となりました。今まで、農地・牛舎・乳牛・農業機械を同じ事業内でワンセットで扱っていましたが、農業機械部分については別の補助事業を利用する仕組みに変わりました。現時点では、導入条件が緩和され補助額を除いた負担額は軽減されそうですが、一方で借入金の返済に充てるトータルの期間が短くなる為、返済に関しては少し厳しくなるかもしれません。なお、機械部分を除いた農場リース事業に関しては、従来通りの流れとなっています。
これらの事業を始めとして、研修・新規就農時に利用出来る事業や資金はその時々で変化することもあります。出来るだけ有利な条件となるよう、関係団体・担当者と相談しながら進めることになります。

浜中町新規就農者誘致条例

町では「浜中町新規就農者誘致条例」によって、以下のような支援策が取られています。

  1. リース料半額助成
    浜中町独自の支援制度のひとつで、財団法人 北海道農業開発公社(以下、公社)の農場リース事業を利用して新規就農を行う場合、5年間のリース期間中に公社へ支払う農場賃貸料を町が半額助成してくれます。
  2. 固定資産税相当の助成
    ①と同様、町の補助によって牧場買取後の5年間の固定資産税相当が助成されます。
  3. 融資制度(北海道農業開発公社)
    研修中や就農の準備、就農前後の投資などを行う際に、新規就農(希望)者向けに有利な各種融資制度があります。

実績

浜中町の新規就農は、昭和58年から毎年1~2件、出身地も北海道に限らず全国各地から、現在までに41組(H30.7現在)が就農されて頑張っています。この戸数は、町内の酪農家の4割近い数になります。

これまでに新規就農された方・現在の研修生
就農年 出身地
平成28年 埼玉県※・神奈川県・北海道※・北海道
平成25年 北海道
平成24年 兵庫県※
平成23年 神奈川県※・石川県※・北海道・北海道※
平成22年 北海道・東京都※
平成21年 愛知県 ・東京都※ ・福島県※
平成20年 愛知県
平成19年 大阪府※
平成18年 茨城県
平成17年 京都府※
平成16年 大阪府※
平成15年 北海道※
平成14年 長野県
就農年 出身地
平成13年 千葉県・千葉県
平成12年 埼玉県※
平成11年 大阪府 ・東京都※
平成10年 北海道 ・山形県※
平成9年 神奈川県※
平成8年 東京都※
平成6年 佐賀県※
平成4年 大阪府※
平成2年 北海道・東京都
平成元年 大阪府
昭和63年 三重県
昭和62年 大阪府
昭和59年 北海道
昭和58年 神奈川県

※印は、研修牧場の研修生から就農。それ以外は、農家の実習生やヘルパー出身者など。

新規就農相談

営農課・(有)浜中町就農者研修牧場

電話番号:0153-65-2141 0153-65-2254
対応時間:平日9:00~17:00