酪農技術センター Dairy Technology Center

農協で全国初となる土壌・飼料
生乳・生菌分析するセンターの設立

浜中町で生産している牛乳の品質・安全性のチェック、牛の動向把握や各種登録手続きなど、浜中酪農の様々なデータが管理されています。このデータを元に、飼養管理を工夫してより良い牛乳を生産できるよう努力しています。

浜中町酪農技術センター

科学的見地から分析する全国に先駆けた研究施設

科学的データのかつようによる取りこぼしのない酪農経営に向けた情報の提供と、酪農情報システムを活用した乳牛の耳標管理、品質管理と生産履歴の情報公開をしています。

酪農技術センター設立の背景

『感覚での酪農』から『分析に基づいた酪農』へ

浜中町農協は昭和56年に酪農技術センタ-を立ち上げました。生乳の検査を中心に土壌、飼料分析、乳検事業による個体デ-タの蓄積、人工授精所による繁殖管理を実施しています。 平成12年には営農関係の部署が全て酪農技術センタ-に集約され経営指導から生産現場の改善指導まで総括的な管理体制を構築しました。 平成14年度には酪農情報システムを構築し、生乳、乳検、繁殖、分析に加え、飼料、肥料の供給、家畜の移動、診療履歴、環境、生産履歴などが網羅され、浜中の牛に関する情報が全て蓄積される事になりました。それによりトレ-サビリテイ-が確立し、生産履歴が明確に打ち出せるようになっています。全国でも浜中町農協唯一です。

生乳分析

乳房炎の治療薬での抗生物質の残留チェックを行います。搾乳によって乳頭は傷ついてしまいます。細菌が乳頭に入り炎症をおこし乳房炎になります。牛が乳房炎になると乳腺細胞が細菌と戦い体細胞が剥がれ落ちてきます。体細胞数を調べる事により細菌が入った指標になり衛生環境を把握できます。

生菌分析

生乳中生菌数の計測をする事で生乳の衛生品質を測定判定します。 搾乳機器が汚れ、バルククーラーの汚れ、ミルカーの汚れ等衛生環境を調べます。

土壌・飼料分析

土壌分析
土→草→牛 のつながりは昔から密接につながっています。浜中のような草地しかない寒冷地ではこのサイクルを上手く回転させながら営農を持続する事が求められます。
飼料分析
草を分析し飼料計算する飼料分析は、1980年以前は行われておりませんでした。浜中町は全国に先駆け分析に基づき飼料設計する事で生乳生産を伸ばし経営の安定につながています。

管理システム

生乳、乳検、繁殖、分析に加え、飼料、肥料の供給、家畜の移動、診療履歴、環境、生産履歴などが網羅され、浜中の牛に関する情報が全て蓄積されています。トレ-サビリテイ-が確立し、生産履歴が明確に打ち出せるようになっている組織は全国でも浜中町農協唯一です。
【管理項目】
牛の出生・死亡登録・人工授精履歴・生乳分析結果・生乳出荷状況・乳牛の購入、販売状況・乳牛の疾病、治療履歴